家族に健康被害が出ることなく安心してマイホームで暮らしていくためには、床に使用するコーティング剤の材質にも注意を払っていきましょう。

安全性と使い勝手を考える

部屋

自然素材

ナチュラルで安心できる素材にこだわりたいなら、ウレタンコーティングがおすすめです。身体への影響もなく安全性の高さが人気となっています。ウレタン剤には、水性と油性があり、さまざまな種類があるため、導入前にはしっかりと確認しておきましょう。

ツヤが出る

手軽に利用できる使い勝手の良いアクリルワックスの魅力といえば、何と言ってもツヤ出し効果の高さにあります。半年程度で効果は落ちてきますが、ツヤがあることでフローリングの美しさをより感じることができます。ただし綺麗に塗るためにはコツが必要とされます。

短期間の利用もOK

アクリルワックスは耐用年数が短いため、本格的なフロアコーティングを導入するまでのコーティング剤としても役に立ちます。フロアコーティングはいろいろな方法があるため、まずはアクリルワックスを試してから、ゆっくりと時間をかけて比較検討していけるでしょう。

好みのツヤを選ぶなら

ツヤ感の調整にこだわりたいなら、ウレタンコーティングがよいでしょう。ツヤの強弱を自由に調整できるため、よりインテリアにマッチした床の表情を楽しむことができます。また、ツヤを消すことも可能なため、選択肢はさらに広がるはずです。

メンテナンスの手間が省ける

少しでもメンテナンスの負担を軽減させたいなら、ウレタン塗料がおすすめです。ウレタンであれば、耐久性に優れているためメンテナンスの回数は少ないです。住宅事情にもよりますが、一度コーティングをしたら5年、10年は持つことが期待できます。

施工業者の口コミをリサーチ

フロアコーティングを依頼するときには、専門業者をしっかりと選定することが肝心です。丁寧な仕事ぶりで評判の高い、信頼できる業者を見つけていきましょう。口コミを収集して参考にすると、最適な業者に出会える確率が高くなります。

フローリングの困りごとBEST5【ペットがいる家庭編】

引っかき傷ができる

特にワンちゃんを飼っている家庭で多いのが、フローリングの上で遊んだり走り回って床を傷つけてしまうことです。大型犬であれば力も強いため、よりダメージが大きくなる傾向にあります。フロアコーティングなどでしっかりと保護していきましょう。

病気のリスクが心配

フローリングが滑りやすいなど、床のコンディションによって、ペットの足腰に大きな負担をかけてしまう場合があります。関節炎やヘルニアを発症してしまうことも多いため、早めにコーティングなどの対策をとることが大切です。

シミができる

ペットがフローリングの上でおもらしをしてしまうことがあります。しつけ前や、ペットが病気の場合は仕方がないことです。フローリングの隙間に入りこんでしまわないように、シミやニオイ対策を忘れないようにしたいものです。

抜け毛が気になる

長い毛の猫ちゃんなど、毛が多い動物を飼っている場合は、抜け毛の掃除が大変です。アレルギーの原因にもなります。静電気を発生するコーティング剤を使用すれば、毛が空中に舞うことを防げるため、アレルギー対策を行なうことが可能です。

床をペロペロ舐めてしまう

ペットによってはフローリングなどを舐めて遊ぶ子もいます。万が一コーティング剤に有害な物質が入っていたら…と心配になる飼い主さんは少なくありません。ペットの健康のためにも、安全性の高いコーティング剤かチェックしておきましょう。

広告募集中